自己処理をしたらこんな事になってしまった!脱毛サロンに行けば良かったね

男性は毎日むだ毛処理としてひげを剃っています。
女性だってむだ毛の処理のために、毎日とはいいませんが定期的にむだ毛の処理を行う人がいらっしゃいます。
自己処理は様々なトラブルがついて回ることで有名です。

■カミソリ負けして血だらけになった
女性の肌は男性に比べて薄く柔らかい構造になっています。
そこにカミソリを当てるとどうしてもカミソリ負けしやすいものです。
シェービングクリームをちゃんとつけていたとしても肌に負担がかかりすぎ、血だらけになってしまうという悩みを持つ方は自己処理をやめましょう。

■剃りすぎてしまって気持ち悪くなった
例えカミソリ負けはせずとも、むだ毛を処理しすぎてちょっとおかしな形になってしまったという悩みも聞かれます。
特に多いのがデリケートゾーンでの自己処理で、これくらいは剃っても大丈夫だろうと思い剃ったところ形がおかしくなってしまって好きな人にしばらくの間裸を見せられなかったというトラブルです。
これでは自己処理のおかげで好きな人との関係も崩れかねませんね。

■赤いぷつぷつが出てきた
カミソリを何回も使い回していたところ、赤いぷつぷつが出てきてしまったというトラブルは意外と多いものです。
これは「マラセチア毛包炎」と呼ばれる皮膚炎になってしまったかも知れません。
マラセチアとは私たちの肌にいるカビのことで、皮膚に入り込むと赤いぷつぷつを作り続けるやっかいな存在です。

■脱毛サロンではどうなの?
脱毛サロンではこれら3つの危険性は考えられません。
なぜなら、カミソリを使わないということ、他人が客観的に脱毛の形を作っていくこと、機材の使い回しが考えられないからです。

■軍配は脱毛サロンに上がる
これらの結果を踏まえると自己処理よりも脱毛サロンを使うことが最も脱毛においては良いことというのがおわかりいただけるかと思います。
自分の知識だけで自己流の脱毛を続けるよりも、プロにお金を払ってその分のサービスを受けた方がよいでしょう。

関連記事

    None Found

About Author: